ゆかり整体整骨院トップページ > ゆかり整体整骨院.泉南郡熊取町.整骨・鍼灸.整体.カイロプラクティック.マッサージ.交通事故

「泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する からだのゆがみと膝の痛み」

2019.03.01

こんにちは!ゆかり整体整骨院の青木です。
今回は身体の歪みと膝の痛みの関係性についてです。

膝に痛みが出るのは、怪我などで膝を直接うって打撲したり、捻ってしまい捻挫になった。
またスポーツや仕事で同じ動作を繰り返し行うことが多く、徐々に痛んだ。
ということを除いて、ほとんどは膝自体に原因があり、痛むと言ったことはありません。

ほとんどの膝の痛みは身体の姿勢のアンバランスが原因のものが多いです。
同じ姿勢により前後左右の同じ側に体重がかかることが多い。
また加齢により足や腰、お尻の筋肉の筋力が低下し、膝にかかる負担が増え、その負荷により軟骨が擦り減る。
人に寄っては体重が増えることで膝にかかる負荷が大きくなります。
片膝にかかる負担は体重が1キロ増えると3倍の3キロ負担が増えると言われています。
また更に階段の下りだと自分の体重+重力による負荷もかかり、1キロ体重が増えると7倍の負荷がかかるとされています。
3キロ増えると21キロ。10キロ増えると70キロ。と膝にかかる負担は信じられないほどに増えます。

膝の痛みの治療には腫れをひかせる為に炎症を抑える薬を使ったり、固まった膝の筋肉を柔らかく血行をよくするために温めたり、また痛み止めを使ったりと、膝自体に治療も必要ですが、それに加えて膝にかかる負荷を軽くするために膝の筋力を鍛えたり、身体全体のアンバランスを正す姿勢のゆがみの調整も必要と考えます。
姿勢自体がゆがんでいると、せっかく痛みが治まった膝も日々使っている内に徐々に負担がかかってきてしまうためです。

何度も膝に水が溜まり、癖になっているという方な一度姿勢を診てもらう事をお勧めします。

 

Google検索

泉南郡熊取町 整骨院

お問い合わせや予約の電話、またご来院時に道に迷わないように上記クリックして頂ければ便利です。
泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

https://www.ekiten.jp/shop_6770676/

ゆかり整体整骨院Facebook

https://ja-jp.facebook.com/

%E3%82%86%E3%81%8B%

E3%82%8A%E6%

95%B4%E4%BD%93%E6%

95%B4%E9%AA%A8%

E9%99%A2-738480969545823/

#熊取で口コミの多い整骨院#出張治療もお任せ#鍼灸#骨盤矯正

「泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する からだのゆがみと腰の痛み」

2019.03.01

こんにちは!ゆかり整体整骨院の青木です。
今回は身体の歪みと腰の痛みの関係性についてです。

身体の歪みと腰の痛みの関係性は、筋肉の硬さにより骨盤が引っ張られ、骨盤の歪みによることが原因です。

骨盤は寛骨という骨と仙骨という骨が、靭帯で繋がれて骨盤を作っています。
運動による外力・普段している身体に負担のかかる姿勢・出産などで骨盤の関節や靭帯に負担がかかり、関節に歪みを起こし骨盤が開いたり、傾いたり、周りの筋肉のバランスによって前に傾く前傾姿勢・後ろに傾く後傾姿勢など様々なゆがみになってあわられます。

骨盤が歪むことで周りに付いている筋肉に負担がかかり、様々な腰痛(体勢によって痛みの箇所が変わる)となります。

一般的に一番多いとされている腰痛である「筋筋膜性腰痛」は腰の筋肉と筋肉を包んでいる筋膜に負荷がかかり、筋肉が硬く、循環が悪くなる事で痛みが出ます。

また使った事で筋肉に負荷がかかることもあれば、立つ姿勢や座る姿勢など体勢を維持する際に使われる筋肉が硬くなる事で腰痛がでることもあります。
姿勢を維持する筋肉である多裂筋・中臀筋・他には腹直筋や腹斜筋などによる体幹の筋肉がこれに関わります。

歩行時の地面からの外力・自身の体重による腰への負荷。様々な要因が骨盤の歪みを作り出します。

また女性では出産による骨盤の開きで腰痛になる事もしばしばあります。
出産による産道の開きが、寛骨と仙骨をつなぐ靭帯を引き延ばし、骨盤が開くことで、産前の骨盤の状態を崩してしまいます。

腰痛のストレッチをして腰痛を防ぎましょう。
①肩幅に足を広げ、腰をまわす。

②上向きで寝た状態になり、両膝を立て左右に倒す。

③両膝を抱え込み、背中をストレッチする。

毎日行うことで徐々に柔らかくなりますので、毎日続けて行きましょう!

 

Google検索

泉南郡熊取町 整骨院

お問い合わせや予約の電話、またご来院時に道に迷わないように上記クリックして頂ければ便利です。

 

泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

https://www.ekiten.jp/shop_6770676/

ゆかり整体整骨院Facebook

https://ja-jp.facebook.com/%E3%82%86%E3%81%8B%E3%82%8A%E6%95%B4%E4%BD%93%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-738480969545823/

#熊取で口コミの多い整骨院#出張治療もお任せ#鍼灸#骨盤矯正

「泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する からだのゆがみ肩の痛み」

2019.03.01

こんにちは!ゆかり整体整骨院の青木です。
今回は「身体の歪みからくる肩の痛みについて」です。

身体の歪みは日頃何気なく行なっている動作や姿勢など。
身体の使い方によって出てきます。
カバンを同じ側の肩にかけたり、重い荷物を持つ時はいつも同じ側の腕だったり、同じ側の筋肉に負荷がかかり続けるとその筋肉は硬くなり、それが繰り返し行われることで筋肉が骨格を引っ張り、身体の土台である骨格自体の歪みを引き起こしてしまいます。

これ以外にも、寝る時はいつも同じ方向を向いたり、パソコンをする時やテレビを観る時に椅子に座る時はいつも同じ側に体重をかけてもたれていたり、荷物を持ったり力を入れて使うときだけでなく、こういった姿勢の維持にも、知らず知らずの内に身体の筋肉は使われているのです。

片方だけに負荷がかかると、左右の肩の高さが違う。片側の腕だけ内に巻いている。まっすぐ立っているつもりでも身体が傾いていると言った事が出てきます。

肉眼で見るよりも写真などを撮ると、自分でも客観的に見ることが出来ます。

歪みがただの歪みだけで、美容面だけの悩みで済むといいのですが、筋肉が硬くなり身体が歪むことで、痛みや痺れを引き起こしてしまう事にも繋がります。

普段の身体の使い方などは、癖となっていますので、改善するといってもなかなか難しいものです。
そういう時にはストレッチがおススメです。
勿論、先ほど例に挙げたデスクワークや車の運転など同じ姿勢が長い方にも効果的です。

鏡などでまず自分の姿勢を良く観察してみましょう。

①上がっている方の肩を反対側の手で抑えて、抑えている方と逆に顔を向けましょう。

②続けて手で抑えたまま、抑えた方の斜め上を見上げ、首の後ろをストレッチします。

③次に両手を身体の後ろで組んで、そのまま後ろに伸ばし、胸の前の筋肉をストレッチします。

身体が固まってきたなと感じたら、まめにストレッチする習慣をつけましょう!

 

Google検索

泉南郡熊取町 整骨院

お問い合わせや予約の電話、またご来院時に道に迷わないように上記クリックして頂ければ便利です。

 

泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

https://www.ekiten.jp/shop_6770676/

ゆかり整体整骨院Facebook

https://ja-jp.facebook.com/%E3%82%86%E3%81%8B%E3%82%8A%E6%95%B4%E4%BD%93%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-738480969545823/

#熊取で口コミの多い整骨院#出張治療もお任せ#鍼灸#骨盤矯正

「泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する からだのゆがみとしびれ」

2019.02.16

こんにちは。
ゆかり整体整骨院の青木です。
今日は「からだのゆがみとしびれ」についてお伝えしようと思います。

身体に起こるしびれの症状は脳梗塞、糖尿病、冷えによる血行障害でもしびれが起こることがありますが、主に「首、肩、腰が痛い」「手や足がしびれる」と言った症状は、背骨や神経が関係して起こることが多いです。

首からお尻までの背骨は、かるいS字状のカーブをしていて身体を支える軸となっています。

神経は脳から出ていて、脳から出た神経は背骨の中を通り、数々の大きさに枝分かれし、筋肉や血管、内臓に至るまで身体の隅々にまで神経を張り巡らせます。

脳から末端の神経にまでに異常があった時に、しびれやだるさ、または痛みとして身体は知覚します。
この異常というのは、神経の通り道である背骨の歪みや器質的疾患によって神経の疎通が阻害されるパターン。
または筋肉の緊張で神経が圧迫されたり、神経物質により、しびれが現れるパターンです。

日常生活の中で同じ姿勢が長く、同じ筋肉を使ったり、同じ動作を繰り返し行う仕事だったりすると、筋肉が前後左右で偏って使われ、筋肉に偏りが出てきます。
筋肉は骨についているものなので、硬くなった筋肉が骨を引っ張り歪めます。
これが習慣化してくると身体全体にもゆがみが現れ、姿勢を崩します。
猫背や反り腰といわれるものは、筋肉のバランスの偏りで現れるパターンが多いものです。

背骨のS字状のカーブは生理的湾曲ともいい、身体に負担がかからない為にありますが、これが崩れるとヘルニアや〇〇神経痛などという症状が現れます。

 

当院については→コチラ

 

泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

https://www.ekiten.jp/shop_6770676/

ゆかり整体整骨院Facebook

https://ja-jp.facebook.com/%E3%82%86%E3%81%8B%E3%82%8A%E6%95%B4%E4%BD%93%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-738480969545823/

#熊取で口コミの多い整骨院#出張治療もお任せ#鍼灸#骨盤矯正

「泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する その腰痛、ただの腰痛??」

2019.01.19

「泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する その腰痛、ただの腰痛??」

日本人で男性では1位、女性では肩こりに次いで多い腰痛。

ひとこと腰痛と言っても、さまざまなな原因からおこっています。
患部に炎症が起こったり、血行不良の状態が起こると身体は痛みを感じるようになります。

一般的に起こる腰痛と言うと、重い物を持ち上げたり、急に体勢を変えたりした時、不意になにかの拍子で力が加わり、腰を痛めてしまういわゆる「ギックリ腰・急性腰痛症・腰椎捻挫」と呼ばれているものです。
名前は違いますが同じようなものと思っていただいても大丈夫です。

ギックリ腰とは、体が支えられる力の容量を超えて腰に負担が掛かることで、支える事が出来なくなり腰の筋肉と筋膜が肉離れを起こしてしまいます。
また過度に負担がかかった場合には、腰椎の捻挫を伴います。

スポーツや仕事などで、日常的に腰に繰り返し負荷がかかっている場合に起こるのは「腰椎分離症・腰椎椎間板ヘルニア・腰椎椎間板症」といったものが多いです。
腰椎自体に繰り返し負担がかかり続けることで腰椎の一部が骨折したり、腰椎間のクッションである椎間板が損傷し、神経症状が出ることがあります。

「腰椎分離症」・・・腰椎分離症は特に激しい運動をする方に多いです。
反り返る運動や体を捻る動作が繰り返し行われて腰椎に負担がかかり、腰椎の椎弓という箇所が疲労骨折を起こします。慢性的に炎症と痛みが起こります。
この症状をお持ちで、マッサージ店などで腰や背中のマッサージを受けられる方は特に注意が必要です。

うつ伏せで腰が反り返る体勢になったり、背中側から強く腰や背中を押される事で、症状がひどくなる事もあり、せっかく楽になる為にマッサージを受けても専門的な知識がある方の施術でないと痛みが悪化するリスクがあります。
マッサージ前の問診時には必ず施術者に伝え、相談するようにしましょう。

「腰椎椎間板ヘルニア」・・・腰椎が積み木のように積み重なり背骨を構成していますが、腰椎同士の間には動く際に骨同士がぶつからない様に、また外からかかる衝撃を吸収するためにクッション材の役割をする椎間板とスーパーボールの様な髄核といった組織があります。
腰椎に過度に強い圧力が加わると、この椎間板や髄核が圧力により外へ飛び出してしまいます。
すると腰椎の周りにある腰やお尻や足に繋がる神経に、飛び出した椎間板や髄核が圧迫を加え、痛みやしびれ(坐骨神経痛様の症状)、または触覚や知覚的な感覚障害や、筋力の低下を引き起こしてしまいます。
この飛び出し具合によって腰椎椎間板ヘルニアの症状の重症度が変わってくるのです。
飛び出た椎間板や髄核の部分は身体が異物と見なし、体内にあるマクロファージという細胞が分解・吸収しヘルニアの症状は軽減することが多いですが、神経の圧迫が酷いと排尿・排便障害が起きます。
この状態になると手術が必要となります。
腰椎ヘルニアは前かがみの姿勢になると、腰椎への圧迫が強くなるため、前かがみの姿勢での腰痛と足のしびれの増悪が特徴です。

「腰椎椎間関節症」・・・こちらも腰椎に過度の負担がかかった場合に起こりやすく、重い物を持つことが多かったり、強度の強いスポーツが原因になることが多いとされています。
椎間板が外部からの衝撃によってひび割れる事が痛みの原因です。
腰椎間の関節に炎症が起こり腰の痛みが出ます。中には足の痺れも伴って現れることもあります。
腰椎ヘルニアとは逆で背中を反らした際に痛みが強くなるのが特徴です。

「変形性腰痛症」・・・加齢によるものが多く腰椎の変形により、腰の痛みや可動域の低下が見られます。腰椎と腰椎の間にあり腰にかかる衝撃を吸収するクッションの役割を果たす椎間板ですが、加齢や長年腰にかかる負担が積み重なり、椎間板の水分が自然と抜けて柔軟性が低下するために、弾力を失った椎間板がつぶれてしまい腰椎と腰椎がぶつかります。
ぶつかり合った腰椎はへしゃげて、骨の棘が作られます。こうなると少し動くだけでも関節に作られた棘があたり、何もしなくても痛いといった状態になってしまいます。

「脊柱間狭窄症」・・・変形性腰痛症に似ていますが、これは骨棘が背骨の中にある神経に触れたり、腰椎の変形がゆがみを作り神経を触ってしまう症状です。
動作時に神経に触れてしまうので、10分以上長く歩くと足に痺れや痛み、脱力感が認められるます。
腰椎ヘルニアとは反対で、前かがみになると腰痛は軽減し、体を後ろに反らすと痛みや痺れが強くなります。

「圧迫骨折」・・・70歳以上で特に女性に多いのが圧迫骨折です。
根底は骨粗鬆症が原因です。
骨粗鬆症によって骨がもろく、スカスカになる為に骨の強度が落ち、尻もちをついたり、くしゃみをしたり、中には上向きで寝ただけ圧迫骨折になる方もいらっしゃいます。
腰椎にかかる衝撃が骨を押しつぶしてしまいます。
症状も出ない方もいらっしゃいますが、主に腰痛が症状として現れ、神経を圧迫すると足に痺れも出ます。

次に腰椎自体には異常がないが、内臓の周辺の神経を刺激する疾患として、胃潰瘍・尿路結石・腹膜炎・急性膵炎・などがこれに含まれます。

「胃潰瘍」・・・食事の前後により痛みが変わります。食事前の空腹の状態であれば、胃の下部または十二指腸潰瘍のことが多く、食事の直後に痛みが増すなら胃の上部に原因があります。主にみぞおち辺りに痛みが出ることが多いですが、背中や腰部にも痛みが出ることがあります。

「尿路結石」・・・腎臓と膀胱の間の通路である尿路に腎臓で作られた石が詰まる事によってなります。排尿時の痛みと深夜や早朝の疼痛が特徴です。
背中から腰にかけて突然痛みます。

「腹膜炎」・・・急性虫垂炎いわゆる盲腸、胆嚢炎などの臓器が炎症を起こし、それらに隣接する後腹膜に炎症が広がった時に起こります。
炎症の場所により腰に鈍痛があらわれます。

「急性膵炎」・・・大量のアルコールを一気に摂取したり、胆嚢の病気がリスクとなります。
文字通り膵臓が炎症を起こします。
背中や腹部に突き刺す痛みが長時間あらわれ、上向きで寝るような背中を反らす動作で痛みが増悪します。
膝を抱え、丸まった姿勢で痛みは軽減しますが、早めに受診することが大事です。

他にも腰椎自体に負担がかかり起こる症状ではないが、命にかかわる腰痛もあります。
腰椎の骨自体の結核菌などによる細菌感染やガンの骨転移。解離性動脈剥離・腹部大動脈瘤の破裂などがこれに含まれます。
早急に病院を受診しなければいけません。

「骨の細菌感染」・・・主に化膿性脊椎炎とよばれ、背骨に結核菌などの最近が感染することによってあらわれます。
日に日に腰痛がひどくなり、発熱がともないます。
動いた時だけでなく、骨自体に炎症がありますので安静時にも激しい痛みが続きます。
腰を捻った、打った、またこけたなど、心当たりがない場合、病院で検査を受けることをおすすめします。

「ガンの骨転移」・・・骨には血液をつくる骨髄というものが内部にあり、多臓器から血液にのってガン細胞が転移する事があります。
ガン細胞は骨転移すると、どんどん増殖し骨を骨を脆くし、少しの力でも骨折してしまうにしてしまいます。
骨折部分が神経に触れると、足の痺れや酷いと足の麻痺があらわれます。
ガンの場合は、進行した部分は安静にしても痛むといった特徴が見られます。

「解離性動脈剥離」・・・大動脈の血管壁がさける病気です。突然、胸から背中に激しい痛みが走り、血管壁の裂ける箇所により、お腹や腰にも痛みが広がります。

「腹部大動脈瘤」・・・大動脈の血管壁にコブが出来、そこに血液が溜まり大動脈瘤を形成します。コブができただけでは状態はありませんが、このコブがなんらかのキッカケで破裂した時にはお腹と腰に激痛が走ります。

 

 

当院については→コチラ

泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

https://www.ekiten.jp/shop_6770676/

ゆかり整体整骨院Facebook

https://ja-jp.facebook.com/%E3%82%86%E3%81%8B%E3%82%8A%E6%95%B4%E4%BD%93%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-738480969545823/

#熊取で口コミの多い整骨院#出張治療もお任せ#鍼灸#骨盤矯正

「泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する 胃腸の不調にはこのツボ!!」

2018.12.29

こんにちは!

ゆかり整体整骨院の青木です。

胃の不調とひとまとめに言われますが、痛みを伴うものから、なんとなく気持ちがわるい。食欲がない・便秘や下痢・胸焼けがするなど様々な症状があります。

胃腸は第2の脳とも言われ自律神経に作用することがわかっています。
これは胃腸が脳と神経で繋がっているためで、緊張したり不安を覚えてストレスを感じると胃が痛くなったり、お腹を下したりするのはこのためだと言われています。

ピロリ菌による胃潰瘍は別として、自律神経から起こる胃酸過多や消化機能の減衰などは、鍼灸治療で自律神経のバランスを整えることで改善の方向に向けることが可能です。

例えば季節の変わり目での胃腸の不調・身体的精神的ストレスによる不調・胃酸過多・下痢・便秘・お腹がはる。
それぞれに処方するツボは、実際の身体の状態と照らし合わせ選穴しますが、自宅でもできる代表な胃腸のツボをご紹介します。

胃腸の不調や未病の予防には・・・足三里:スネの外側で膝のお皿のした4cmのところ。

下痢気味の時には・・・粱丘:膝のお皿の上外方にあるくぼみ。

ストレスによる胃痛には・・・内関:手首のシ中央で手首のシワから下4cmのところ。

内臓全体の働きを活性化・・・中脘:みぞおちとおへその真ん中で正中線上。

胃腸の不調全般に・・・天すう:おへその左右3cm外側。

便秘・・・関元:おへそ下3cmで正中線上。

お灸がお家にあるのであれば、胃の痛み良く効くと言われる・・・胃の六つ灸:①左右肩甲骨の下端②下3cm③下3cmの計6つのツボにお灸。

胃腸は食事を消化吸収する働きがあり、身体にとってとても重要な臓器です。
早めに対処していきましょう!

当院については→コチラ

泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

https://www.ekiten.jp/shop_6770676/

ゆかり整体整骨院Facebook

https://ja-jp.facebook.com/%E3%82%86%E3%81%8B%E3%82%8A%E6%95%B4%E4%BD%93%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-738480969545823/

#熊取で口コミの多い整骨院#出張治療もお任せ#鍼灸#骨盤矯正

「泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する ここがしんどくなると頭痛のサイン」

2018.12.17

近頃は日々の気温差だけではなく、昼夜の気温差も大きく体調を崩される方も多いです。
当院にも来院されている患者さんにも頭痛を訴える方が多く、お薬などで対処されてる方も多いのですが、頭痛になってしまう前に自分で出来る対処法についてお話しします。

1年を通して頭痛の中でも7割を占めるといわれる、特に多い筋緊張性頭痛。

筋緊張性頭痛になると頭全体や後頭部、こめかみなどに、圧迫が加わった様な鈍い痛み、また人によって鋭い痛みが発現します。
頭痛がひどくなると、目の疲れや身体のだるさ、めまいや立ちくらみも伴います。

筋緊張性頭痛の原因は首、肩、背中の筋肉の筋緊張によるものです、下の図は後ろから見た上半身の図ですが、赤く色がついているところがしんどくなったり、筋肉が硬くなってくると頭痛になる危険サインです。

こめかみ、後頭部、首、肩、肩甲骨の間、背中。
それぞれの筋肉が硬くなることで、血行が悪くなり、神経を過敏にして痛みを起こします。

硬くなる原因は精神的なストレスの他に、日常的にしている姿勢などが原因の場合が多いようです。
例えばパソコン作業で長く猫背になっていることが多い。
スマホ操作でうつむきや肩をすぼめることが多い。就寝時の枕の高さが高いなど。
首や肩、背中に持続的に引っ張られる力が加わった際に筋肉の緊張が強くなり、頭痛に繋がるケースです。

「首や肩、背中がこってきたな」と感じたら、首や肩を回すストレッチをしたり、入浴などで温めて血流を良くすることが頭痛予防になります。
おススメは肩を回す体操です。

立った状態でも座った状態でもいいのですが、真っ直ぐに座り、両肩を引き上げ5秒キープ、次に力を一気に抜いて5秒。
両腕を水平にあげ、腰を回し身体を捻ると同時に腕もいっぱいまで回す。
肩甲骨を目いっぱい動かすと首や肩の筋肉がほぐれます。
この体操を毎日行います。

1FDBB072-47DD-4AAE-9DD8-555DA17A42DD

 

当院については→コチラ

泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

https://www.ekiten.jp/shop_6770676/

ゆかり整体整骨院Facebook

https://ja-jp.facebook.com/%E3%82%86%E3%81%8B%E3%82%8A%E6%95%B4%E4%BD%93%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-738480969545823/

#熊取で口コミの多い整骨院#出張治療もお任せ#鍼灸#骨盤矯正

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0724531558

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒590-0406
大阪府泉南郡熊取町大久保東2-8-16
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
JR熊取駅から徒歩15分

0724531558

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
骨折・脱臼(オステオトロン)
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
リンパマッサージ
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
WEB限定メニュー
院内設備
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

ゆかり整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒590-0406
    大阪府泉南郡熊取町大久保東2-8-16

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    JR熊取駅から徒歩15分

エキテン口コミランキング1位 あいの泉クリニック 株式会社HCC 全身ほぐし整処ゆるり
pagetop