ゆかり整体整骨院トップページ > 五十肩

泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する 歪みからくる身体の不調とは?

2019.05.28

当院では姿勢のバランスを重要性し根本的な治療をおこないます。

痛みの出ている場所だけを診るのではなく、全体的な視野で物事を捉えていき本当の原因を見極めることをおこないます。それでないと症状を完治することは出来ません。

姿勢のバランスには当然ですが筋肉のバランスが関係してきます。

人体には約650個の筋肉が存在します。

全体で体重の約40%〜50%を占めます。

筋肉と筋膜との関係性も重要です。筋膜とは名前の通り筋肉を包んでくれている膜のようなものです。筋膜がよじれてしまったりすりと、中に包まれている筋肉が上手く使えなくなってしまうのです!

逆に1箇所の筋肉ばかりに負担がかかってしまうとそこに関係する筋膜の動きも悪くなってしまうのです、、

筋肉は縮んだり伸びたりすることで力を出したり緩んだりすることができます。もともとがバランスの取れた正しい長さの筋肉であれば縮むにしろ伸ばされるにしろどちらに対しても大きな動きが可能です!

しかし、猫背の前かがみの姿勢をとっていたり、いつもパソコンやスマホを使っていたり、頬づえをつくクセがあったり、座っている時にどちらかの足ばかりを組むクセがあったり、立っている時にどちらかの足だけに体重をかけていたり、どちらかだけに身体をひねる動作が多かったり…などなど。

そうすると、普段の姿勢の悪さから筋肉のバランスが崩れて、縮んで短くなってしまった筋肉は硬くなり柔軟性が無くなります。

また正常な長さよりも伸びてしまった筋肉はまるで伸びたゴムのようになってしまいます。そうなると力を発揮しづらくなり筋力が低下してしまいます。

重要なのは、正しい姿勢でバランスのとれた効率の良い筋肉の使い方をするということです!

またいつも力が入り緊張して頑張っている筋肉は、短く硬くなります。

これがいわゆる「こり」を生じるわけです。

「こり」は筋肉が緩むことなく収縮し続けることで血流が悪くなり酸素が運ばれなくなり筋肉を緩める働きをするアデノシン三リン酸が不足することで筋肉が縮んだ状態が続き元に戻らなくなり、痛みも出てしまうというわけです。

なので「こり」を改善するには血流の流れを良くしなければなりません。

筋肉のストレッチも効果的です。

硬くなった筋肉に対して軽く伸ばし、緊張を感じるポイントで30秒〜60秒持続します。その後30秒ほど休みをおいてから、再び同じように30秒〜60秒伸ばします。

これをまずは3回繰り返すと良いでしょう。お家でも実践出来る簡単なストレッチ等もアドバイスさせていただきます!

頑固な「こり」にお悩みの方は、筋肉のバランスを見直してみると良い変化が現れる可能性がありますよ!

 

Google検索

泉南郡熊取町 整骨院

お問い合わせや予約の電話、またご来院時に道に迷わないように上記クリックして頂ければ便利です。

泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

https://www.ekiten.jp/shop_6770676/

ゆかり整体整骨院Facebook

https://ja-jp.facebook.com/

%E3%82%86%E3%81%8B%E3%

82%8A%E6%95%B4%E4%BD%93%E6%

95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-738480969545823/

#熊取で口コミの多い整骨院#出張治療もお任せ#鍼灸#骨盤矯正

「泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する 関節の痛みについて」

2019.04.13

こんにちは!

ゆかり整体整骨院の青木です。

今回は「関節の痛み」についてです。

階段を降りる時に痛いなど動かした時に痛みが出る場合や、朝起き上がる時に痛いなどの長時間同じ姿勢を続けていて、動き出しの際に痛い場合、または何もしていなくてもズキズキ痛場合と、色んなパターンがありますが関節に痛みを感じるのには様々な原因があります。

一番多いとされているのが変形性関節症。

肩や肘、膝に多い変形性関節症の中でも代表的なのは膝です。

膝のクッションの役割を果たす軟骨が、加齢と共にすり減ってもろくなり、欠けた破片などが関節に炎症を起こします。

膝の軟骨に負担をかけるのは加齢だけではなくく、普段特別運動をしていない方は太ももの筋肉が弱り、膝にかかる負担が多くなる場合。

また肥満などで体重が増え、膝にかかる負担が多くなる場合も膝の軟骨にダメージを与えます。

次に多いのがスポーツ外傷。

選手同士がぶつかり合うコンタクトスポーツだけでなく、繰り返し同じ動きで関節を使う事によって摩耗し痛めるケース。

例を上げて言うとゴルフやテニス、ジョギング、または筋トレもこれに含まれます。

急な外力で脱臼や関節を捻る。

関節を支える筋力が不十分だったり、疲労が溜まり関節を支える筋肉や靭帯が硬くなりケガをしやすい状態になっていたりと、過度に負荷がかかる場合は関節痛の原因になります。

以上、ご紹介しましたが、

その他では関節リウマチ、四十肩、カルシウム沈着性肩板炎、可能性関節炎、通風などあります。

それぞれの症状には予防方法などありますが、それは次回のブログでご紹介します。

 

Google検索

泉南郡熊取町 整骨院

お問い合わせや予約の電話、またご来院時に道に迷わないように上記クリックして頂ければ便利です。

 

泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

https://www.ekiten.jp/shop_6770676/

ゆかり整体整骨院Facebook

https://ja-jp.facebook.com/

%E3%82%86%E3%81%8B%E3%82%8A%E6%

95%B4%E4%BD%93%E6%95%B4%E9%AA%A8%

E9%99%A2-738480969545823/

#熊取で口コミの多い整骨院#出張治療もお任せ#鍼灸#骨盤矯正

リハビリと鍼灸治療

2018.05.01

こんにちは!
ゆかり整体整骨院の青木です。

本日は鍼灸治療を併用したリハビリについて。
東洋医学である鍼灸治療はツボに刺激を与え、内科的疾患を治療するイメージが強いですが、筋肉や靭帯に刺激を加えることで、骨折後の関節拘縮や筋肉の繊維化による可動域制限、五十肩などの疼痛を伴った関節の症状にも効果的です。

骨折後や手術後の関節拘縮は、ギプス固定など関節を長期間動かさなかったことで関節が固まってしまって起こります。

また五十肩も動かすと痛みが出るために、動かさずに安静にし、治っていく過程で関節と筋肉の癒着が起こってしまい、いざ動かそうした時には全く動かないといった状態になってしまいます。

こうなるとかさぶたを剥がす様に毎日少しずつ、痛い思いをし、体操などで関節を動かすリハビリが必要になります。
自分の力で関節を動かすと、痛いながらも我慢して動かすことになるので、かなりの痛みを伴います。

当院ではこういったリハビリに鍼灸治療を併用して行います。

鍼やお灸で関節を硬くしている筋肉の緊張や、硬結、靭帯に刺激を与える事で関節を柔らかくし、鍼の電気治療で痛みを和らげながら、電気の力で自動で体操を行います。
五十肩の体操の様に、痛みを我慢しながら自動で動かす必要がないのです。

痛くて動かせない筋肉や、麻痺して動かせない筋肉にも刺激を与えることで早期回復・神経再生を促します。

リハビリで痛い思いをし、体操をしながらもあまり効果がみられない方、一度当院へご相談下さい。

泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

https://www.ekiten.jp/shop_6770676/

ゆかり整体整骨院Facebook

https://ja-jp.facebook.com/%E3%82%86%E3%81%8B%E3%82%8A%E6%95%B4%E4%BD%93%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-738480969545823/

#熊取で口コミの多い整骨院#出張治療もお任せ#鍼灸#骨盤矯正

石灰沈着性腱板炎

2018.01.16

今日は石灰沈着性腱板炎について

あまり聞きなれない病名ですが、肩関節にリン酸カルシウム(石灰)が沈着し固まってしまう病気です。
40〜50代の女性に多いと言われています。
原因ははっきりわかっていません。
ある日、突然激痛が現れ、肩や腕を動かせないといった症状が現れます。

下手にマッサージや運動をしてしまうと、痛みが取れないばかりかどんどん悪化してしまいます。
単なる肩の痛みだと思い、マッサージに通っていても一向に良くならないといった方の中にも、こういった方がいらっしゃるかもしれません。

痛みが出だした時の早期診断が必要になります。
肩の痛みが出ましたら是非ご相談下さい。

五十肩

2018.01.16

今日は五十肩について

30代でも発症しますが、基本は40〜50代に好発するので四十肩、五十肩と呼ばれているそうです。
原因は使いすぎや老化によると言われていますが、肩関節周囲の炎症が主な原因と言われています。
肩の関節は動く範囲が広い割に関節が小さく、負担がかかる部分が同じな為、その箇所が摩耗し炎症が起こる訳です。

はじめは徐々に痛み、激痛に変わり動かす事が出来なくなってきます。
2〜3か月経つと慢性期に以降し、差し込む様な痛みから鈍い痛みに変わります。
もちろんまだ動かすと痛むので十分に動かせません。
次に痛みが消える回復期に移行します。

五十肩は自然と痛みは取れていくものですが、ほっておくと肩の動きは元に戻らなくなってしまいます。
炎症は治まりますが、その過程で肩の腱板の周囲が癒着し固まってしまう為です。

肩がおかしいな?と感じたら早期から運動療法を始める事が重要です。
時期が大事なのでお悩みの方は是非ご相談下さい。

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0724531558

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒590-0406
大阪府泉南郡熊取町大久保東2-8-16
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
JR熊取駅から徒歩15分

0724531558

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
骨折・脱臼(オステオトロン)
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
リンパマッサージ
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
WEB限定メニュー
院内設備
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

ゆかり整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒590-0406
    大阪府泉南郡熊取町大久保東2-8-16

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    JR熊取駅から徒歩15分

エキテン口コミランキング1位 あいの泉クリニック 株式会社HCC 全身ほぐし整処ゆるり
pagetop