ゆかり整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報

ブログ&お役立ち情報

泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する 高齢化とは

2020.01.20

高齢化に伴い足腰の筋力低下により、

転倒などによる骨折などが原因で寝たきりになってしまうということが増えています。

55歳から79歳までは、主な死因として悪性新生物(がん)、心疾患、脳血管疾患の順に多くなっており、

いわゆる中年から80歳くらいまでは、上位3位に大きな変化はみられません。

しかし、65歳以上になると肺炎が第4位となり、80歳以上では脳血管疾患と順位が入れ替わり、

第3位となります。

この調査結果には原因があり、先程述べたように怪我により機能が回復できなくなった結果、

寝たきりになってしまったということから循環器障害をおこし心疾患、

脳血管疾患を併発する例が非常に増えています。

今働きざかりや子育て世代の30代、40代の皆様もまだまだ体は元気で活気に

溢れていると思いますが、誰一人違うことなく年月が経てば老化はやってきます。

10年後、20年後に今の筋力や身体機能が何一つ変わらない人間なんて果たして存在するのでしょうか?

素敵に年齢を重ねていくためにも当院では筋力トレーニングを推進しております。

人間の筋肉は正しく鍛えれば筋肉量は何歳になっても増えると言われています。
実際に80歳以上のマスターズアスリートの筋力は非常に強く、

中には還暦を迎えてから本格的にスポーツをはじめて、

80歳を過ぎても世界で戦っているアスリートもいます。
運動を始める上で、年齢は関係ありません。筋肉は鍛えれば応えてくれます。

筋力トレーニングは体を強くするだけではありません。

うつ症状の軽減や睡眠の質の向上にも深く関係しています。
とくに睡眠の質の向上については、健康な身体には絶対不可欠です。

筋力トレーニングは自律神経の改善に役立ちます。
交感神経が活発化し、昼間の覚醒を促します。

結果として身体が疲れますので、夜になると副交感神経が正常に働き出し

快適な睡眠が取れるようになります。

しっかりと睡眠を取り、しっかりと食べることは元気な体を手に入れる第一歩と

言って過言ではないでしょう。

ストレスを貯めないようにして毎日を楽しんで生活するために始めるのに遅い早いはありません。

そして、今日の本題に戻りますが、これから先も元気に過ごすためにも筋肉を鍛えると

血流循環が良くなるので、血管の老廃物や有害物質が体外へ排出されます。

同時に酸素供給が増え、栄養分が末端まで行き渡るので、肌のツヤが良くなったり、

頭皮への血流が増えることにより抜け毛を防ぐ要因にもなります。

さぁ、皆様も自分の体に衰えを感じ始めたら、当院筋肉の強化とケアを取り入れて、

将来的な要介護・要支援のリスクに備えましょう!

 

 

Google検索

泉南郡熊取町 整骨院

お問い合わせや予約の電話、またご来院時に道に迷わないように

上記クリックして頂ければ便利です。

泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する 椎間板ヘルニア

2020.01.14

腰の骨の間にあるクッションの役割をする椎間板が背側に突出し、背側に背側に走る神経を圧迫し、圧迫された神経の支配領域(多くは下肢)に痛みやしびれが生じる病気です。腰椎椎間板ヘルニアがあっても、しびれなどの神経症状がなく、腰痛のみを訴える方もいます。椎間板とは腰痛の椎体の間にあるクッションの役目をする板のことです。この椎間板が変性して後ろに飛び出してくると、脊髄神経を圧迫して様々な症状(腰痛、足のしびれ、麻痺など)が出現します。この状態を腰椎椎間板ヘルニアまたは腰椎ヘルニアと呼んでいます。症状は腰痛、足のしびれ(片足が多い)、筋力低下などです。また、ヘルニアによる神経の圧迫が強くなって、急激に症状が悪くなることがあります。これを急性馬尾症状群といい、痛みの憎悪、足の麻痺と感覚障害の進行、排尿・排便障害を呈します。腰痛と片側の下肢痛であることが多いようです。下肢痛としては、坐骨神経痛(臀部から下肢後面の痛み)であることもあります。痛み以外に下肢のしびれ感、残尿感、尿失禁)などが出現します。男女比は2〜3:1で、好発年齢は20〜40歳代です。

腰椎椎間板ヘルニアの多くは保存療法で良くなりますが、10-30%の方は手術が必要になると言われています。治療法にはMRIがあります。MRIとは磁力を利用して身体の中を調べる検査で、神経や筋肉などの柔らかい組織を鮮明に写し出すために椎間板ヘルニアの検査には必須と言えます。

他にもCT検査や、造影剤を注射する検査なども行われることがあります。さらに、筋力検査や感覚検査などの神経的な所見を加味して、腰椎椎間板ヘルニアを診断しています。

急性期(発症〜1・2週間)

痛みが強い場合、消炎鎮痛剤・湿布薬やコルセットを処方し安静をはかります。またリハビリでは理学療法士が電気治療や徒手的に痛みを緩和する治療などを行いながら、体に負担の少ない動き方などをご案内します。

 

急性期以降

痛みが軽減してきたら運動療法を行います。腰椎椎間板ヘルニアを発症した方は猫背などの姿勢不良の方が多く、その姿勢が椎間板を押しつぶす為に、ただ安静に過ごすだけでは再発の可能性が残ります。そのため理学療法士が姿勢や柔軟性の改善と良い姿勢を保つ為の運動をご案内します。

手術療法が適応となる方

・日常の生活に大きな支障をきたしてる方

・急激に症状が悪化した方

・3ヶ月以上保存療法を行なっていても症状が変わらない方

神経を圧迫している部位を後方から摘出する手術を行います。

当院では1週間ほど入院を致します。

 

術後のスケジュール

最初の1週間は安静を図りながら日常生活動作を習得していきます。

約1ヶ月は医師の指示のもとコルセットを着用します。

約3ヶ月でジョギングを開始し約6ヶ月でスポーツに復帰できます。

 

Google検索

泉南郡熊取町 整骨院

お問い合わせや予約の電話、またご来院時に道に迷わないように

上記クリックして頂ければ便利です。

泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する めまいの原因

2020.01.11

沢山訴えをお聞きすることの多いめまいについてご説明します。
そもそもめまいの症状自体は個人により様々な症状があります。また、原因も人によって大きく変わってきます。
めまいは平衡感覚に何らかの障害が起こることで発生する現象です。

自分の意志とは関係なく、視野が乱れたり体のバランスを保てなくなったりしてしまいます。
めまいの原因の多くは、「耳」か「脳」にあると考えられていますが耳や脳に問題がなくても加齢・疲労・ストレスなどの影響でめまいが起きる可能性もあります。
めまいの難しいところは、本人は確かな異常を感じているのに、原因を調べてもなかなかはっきりしないという点です。

そのため、めまいと不安という負のスパイラルに陥り、症状がより悪化してしまうケースもあります。
めまいは、病院で「原因不明」「治りません」と言われる場合も多く、大きな不安感を伴います。

めまいの症状を感覚的に表現すると以下のようになります。
○回転性のめまい グルグルと目が回る
○浮動性のめまい フワフワとふらつく
○立ちくらみ(眼前暗黒感)を伴うめまい クラッっとする

 

そしてめまいには以下のような特徴があります。

く回転性のめまい>
・吐き気や耳鳴りを伴うことが多い。
突発的に起きることが多く、短時間でおさまります。
く浮動性のめまい>
・肩こりや頭痛を伴うことが多い。
・安静にしても収まらず、長時間続く場合

めまいの原因の多くは、耳か脳にあります。その理由は、耳と脳が平衡感覚に関わっているからです。
耳は体の動きを認識し、脳へ情報を伝えます。脳は耳からの情報を受取り、関節や筋肉からの情報と総合して自分の姿勢を把握します。
通常はこの情報と実際の体の状態は一致するはずです。しかし、情報を発信する「耳」か情報を受け取る「脳」のどちらかに異常が発生すると不一致がおきます。情報と状態の不一致がめまいにつながるのです。

・回転性めまいの原因
耳の中にある「内耳(ないじ)」という場所が、むくんだり炎症をおこしたりすることが原因と考えられています。稀に、脳が原因で回転性めまいが起きる場合もあります。
・浮動性めまいの原因
脳の異常、自律神経の乱れ、眼精疲労などが原因とされています。

・立ちくらみ(眼前暗黒感)を伴うめまいの原因
脳が虚血状態(血が不足する)になることにより立ちくらみが起こります。軽い立ちくらみは、貧血やストレスで生じることがあります。単発で起きる場合はあまり心配いりませんが、何度も頻発するようであれば、心臓病や血圧異常などの重い病気が隠れている場合があるため注意が必要です。

く耳が原因でめまいが生じる病気>
・メニエール病
・前庭神経炎
・発性難聴
・聴神経腫瘍
・良性発作性頭位めまい症
く脳が原因でめまいが生じる病気>
・脳卒中
・てんかん
・椎骨脳底動脈循環不全

などが上げられます。

 

Google検索

泉南郡熊取町 整骨院

お問い合わせや予約の電話、またご来院時に道に迷わないように

上記クリックして頂ければ便利です。

泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する 自律神経の作用とは

2019.12.31

本日で2019年も終わりですね。

明日からは2020年東京オリンピックです!

年を越すその前に今日は年末年始に陥りやすい体の不調についてお話させていただきます。

この時期に起こる体調不良の原因は実は気温の変化寒暖差が大きく関係しています。
寒暖差とは、気温の差のことをいい、前日比で表されます。
人間が生きていくためには、体内を外の環境から、適切に保つ必要があります。
気温も人間に与える影響は大きく、自律神経が、気温に対して適切に反応をします。

1.外気温が高いとき:体内から熱を逃がすために、発汗を促します。副交感神経が優位になります。
2.外気温が低いとき:体内の熱を外に逃がさないために、末梢での血流が低下します。

交感神経が優位となります。

自律神経が気温の変化に対応できず、体が疲労してしまうことを寒暖差疲労と言います。
寒暖差疲労とは、寒暖差の大きい(通常は前日比から5C以上の変化)環境にいると、

自律神経の働きにより、体内を一定の状況にしようとエネルギーを消費することになります。

このエネルギー消費が大きくて、疲労が蓄積した状態を寒暖差疲労といいます。
温度差は、体にとってはストレスですが、それが適切に対応出来ているときは、問題はあまり起きません。
それが対応出来ない、寒暖差疲労になると、体が冷える(四肢→腹部→体全体)、肩こり、首こり、頭痛、めまい、食欲不振、日布団から起き上がれない、日気分が落ち込むなど様々な症状が出ます。
体内の工不ルキー消賞することによる寒暖差疲労になってしまうことが問題となります。
★寒暖差チェックシート
・暑さ、寒さが苦手
・エアコン(冷房、暖房)が苦手
・周りの人が暑いのに、自分だけ寒い。
長袖が常に手放せない。
・顔がほてりやすい、全身がほてりやす
・温度差が強いと、頭痛や肩こり、めまい、だるさ、関節痛、喘息、下痢などの様々な症状がでる。
・熱中症になったことがある、近い状態になったことがある
・季節の変わり目に、体調不良になる
・冷え症がある
・温度が一定の環境にいる時間が長い(オフィス、自宅でも一日中エアコンをつけている)

以上のチェック項目の中から当てはまるものがある方は要注意です。

体を温め、自律神経の作用を調節する必要があります。

当院では体温調節を目的としお灸を皆様に勧めています。

体の不調が最近目立つという方は是非当院にご相談ください。

来年も皆様の健康増進に尽くしてまいりますので何卒よろしくおねがいします。

それでは皆様良いお年をお迎えください。

 

 

Google検索

泉南郡熊取町 整骨院

お問い合わせや予約の電話、またご来院時に道に迷わないように

上記クリックして頂ければ便利です。

泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する 自律神経失調症とは

2019.12.30

ストレス解消できていますか?
体調など崩されてはいませんか?

年末差し迫り、急激な気温の低下などで
突然体が言うことを聞かなくなるなど、
体調不良にお悩みの方は
いらっしゃりませんか?

もしかして、これがよく聞く
自律神経失調症では?
と不安に感じる方も多いのではと思います。

そこで本日は自律神経失調症について
お話したいと思います。
自律神経失調症とは、
不規則な生活習慣やストレスなどにより、
自律神経のバランスが乱れるために
起こる様々な身体の不調のことです。

はっきりした内臓や器官の病変に
よるものではないため、
症状の現れ方もとても不安定です。
ちなみに自律神経失調症というのは
公式な病名ではありません。
まず、自律神経とはどんな神経なのかを
ご説明します。
心臓の鼓動、発汗、消化運動など
これらはみな、意識しなくても
体が生理的に運動して働いています。

この働きが自律神経の働きによるものです。
自律神経はこのように、内外からの情報
や刺激に対して、自動的に反応する
神経で本人の意志とは関係なく、
・呼吸
・血液循環
・体温調節
・消化
・排泄・生殖・免疫などの機能
を無意識のうちに調節しています。

この働きは、ホメオスターシス
(生体恒常性)という機能によるもので、
自律神経はこのホメオスターシスを
維持する働きをしていて
生命維持には欠かせない神経です。
自律神経は、間脳の視床下部という
ところにあり、交感神経と副交感神経
という二つの神経からなっています。
交感神経は、活動する神経といわれ、
身体の働きを活発にします。

一方、副交感神経は休む神経といわれ、
身体を休めます。

交感神経と副交感神経の働きが
バランスを保って、自律神経として
体内の環境を整えているのです。
不規則な生活習慣や過度のストレスなど
によりこのバランスが乱れてしまうと、
身体や心に様々な不調症状が現れます。
この状態を自律神経失調症といい
自律神経のバランスが乱れると現れます。
不調症状とは自律神経失調症になると
体の一部が痛む、精神的に落ち込む
などの症状が現れますが、人によって
様々で、複数の症状が重なって現れたり、
症状が出たり消えたりすることもあります。

 

そこで治療は、心身両面から行う
必要があります。
まず、自律神経失調症として現れる
主な不調や症状について書いてみますと
・頭痛
・耳鳴り
・疲れ目
・動悸
・息切れ
・手足のしびれや痛み
・胃の不快感や吐き気
・下痢
・便秘
・肩こり
・筋肉の痛み
・生理不順
・早漏
・射精不能など
沢山の症状が、単独あるいは
複数重なって現われるのが、
自律神経失調症なのです。
そのほかにも全身症状として
・めまい
・微熱が続く
・倦怠感
・疲れやすい
・フラフラして力が入らない
・ほてり
・食欲がない
・睡眠障害(安眠できない)
・朝起きるのがつらいなど
また、精神症状として
・イライラする
・怒りっぽくなる
・不安感や恐怖心におそわれる
・記憶力や集中力の低下
・やる気が出ない
・すぐに悲しくなって落ち込むなど

こうしてみると、その原因は生活リズムの
乱れや肉体的・精神的なストレスである
ことが分かります。
また、共通して言えるのは真面目で
几帳面の神経過敏なタイプに
多く見られるようです。

心の症状も身体の症状も人それぞれですが、
対処法としては要因となったストレス
からの解放が求められることになります。
溜め込んだ疲労やストレスは
ほっておくと大変なことになるという 
のがおわかりいただけたかと思います。

当院は鍼灸治療、整体を通して
様々なと視点から患者様のお身体を
心身ともにケアしていきます。

もし、体の不調でお困りの方は
是非、当院にご相談ください。


Google検索

泉南郡熊取町 整骨院

お問い合わせや予約の電話、またご来院時に道に迷わないように

上記クリックして頂ければ便利です。

泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する 緊張性頭痛とは

2019.12.14

寒さも日に日に増してきて当院にご来院になられる患者様からもよくお伺いするお身体のお悩みとしまして頭痛が起こりやすいといった訴えが非常に多いことが分かります。その中でも今回は緊張性頭痛に関して説明をします。
緊張性頭痛は実を言うと日本人に最も多い頭痛のタイプであり、15歳以上の方が5人に1人はこの頭痛に悩まされている症状です。
原因としては頭の後ろから頚・肩の筋肉が緊張して発生する頭痛です。

痛みは頭から首筋にかけて起こり、例えるならば頭をバンドで締め付けられるような痛みが起こるとよく耳にします。

偏頭痛とは違いズキンズキンとするような拍動性の痛みを伴わず、我慢すれば仕事もできるという、日常生活に支障をきたす偏頭痛とは少し違った症状がでます。

男女比では女性の方が男性より1.5倍も多く働き盛りの年代に多く表れる傾向があります。

何故、緊張性頭痛は起こるのか?

多くの原因としてはストレスが関与しているという見解が有力です。

日頃のデスクワークなどパソコンを長時間打ち続ける事により首や肩の筋肉が緊張して神経を刺激し、頭痛として表れてしまう事が原因とされています。

緊張性頭痛には二種類のタイプがあります。
「反復性緊張性頭痛」と「慢性緊張性頭痛」です。

反復性緊張性頭痛は症状も軽く医療機関を受診する事も少ないのに対し、慢性緊張性頭痛は連日症状が現れ次第に症状が強くなる事からうつ病に陥り神経内科などへの通院を呼び無くされるなど深刻な問題に発展しやすいです。

ロキソニンなどの痛め止めを服用するなど対処にも困難を極め症状が治まったと安心していたら再び症状に襲われさらに増大していくという悪循環を引きおこします。

当院ではこの緊張性頭痛をいち早く未然に防ぐため、まず患者様の姿勢から診断をはじめます。

その姿勢を分析する事により脊柱の土台となる骨盤の矯正、局所への鍼灸治療により筋肉の弛緩と血流の促進を増幅させ痛みが出ない身体づくりを目指しております。

一年も終盤に差し掛かり頑張り続けてきた体は悲鳴を上げ、ドッと疲れが出てくる頃です。

あまりにもキツイ症状でお困りの方は専門医の先生に診てもらう事も大切です。

 

 

Google検索

泉南郡熊取町 整骨院

お問い合わせや予約の電話、またご来院時に道に迷わないように

上記クリックして頂ければ便利です。

泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

泉南郡熊取町にある ゆかり整体整骨院が解説する 肩こり体操

2019.12.11

頚と肩は密接に関係しており、

頚椎から肩甲骨につながる筋肉の緊張

や運動性の低下により、

首から肩にかけての倦怠感、
疲労感をかんじるようになります。
いわゆる肩こりです。
肩こりは今や現代人では経験したことが
無い人がいないほどの身近な症状です。
近年OS機器の普及やスマートフォンの
利用者増大で頚・肩・腕を大きく
動かして運動するといったような動作が
意識しなければできない状態に
なっていると思います。
運動する機会を失うと筋肉は
どうしても硬くなる傾向があり、
筋肉自身が持つ伸展・収縮運動が
行えなくなってきます。
筋肉には唯一どんな生き物にも
共通する特徴があります。
それは自分自身で伸ばせないという事です。
それにより第三者によるストレッチ 
などにより縮み過ぎた筋肉を伸ばして
あげる必要があるのです。
しかし、普段の仕事や家事などで
時間がなく整骨院や
リラクゼーションサロンなどで
ストレッチやマッサージなど筋肉に
刺激を与える暇もないという方は
どのようにして筋肉疲労を解消して
いけばよいのでしょう?
筋肉疲労、特に肩こりの場合筋肉を
鍛え肩こりが起こらないようにする事で
肩こりが起こりやすい姿勢を
回避する事ができます。
肩こりが起きやすくなる姿勢とは
前屈みで肩が内側に巻き込んだ姿勢が
多く、肩こりだけでなく腰痛も
併発する事が多いです。
この姿勢を改善させるにはまず胸を張り、
顎を引き、肩を広げる状態をとります。
これに必要な筋肉を鍛える
トレーニングとして、
①肩を両耳につくぐらいあげて
止めて5つ数えおろす。
②頭を前後左右に倒したり回したりする。
③頭の後ろで手を組み両肘をはる、
また、左右に傾ける。
④背中の後ろで手を組んで後ろへ伸ばす。
⑤体の前で手のひらを裏返しに組んで
前に伸ばす。

仕事の合間など疲れを感じたときに
気軽に運動してもらえると肩周りの
筋肉のリラックスにもなります。
無理のない範囲で1回5から10分程度で
実施していただけると効果があります。
たかが肩こりと思ってあなどっていると
筋肉は硬くなりすぎると血流障害が
起こり、高血圧や脳硬塞の原因にも
なりかねません。
疲れや重さを感じたら無理をせず
なんらかの対処が必要です。
当院は祝日問わず診療しております。
お体のお悩みであればどんな些細な事で
も構いません。
当院にご相談ください。
今年もあと一ヶ月もないです!
元気に健康に今年もあと残りわずかな
時間を仕事に家事に
もうひと踏ん張り頑張っていきましょう!

 

Google検索

泉南郡熊取町 整骨院

お問い合わせや予約の電話、またご来院時に道に迷わないように

上記クリックして頂ければ便利です。

泉南郡 熊取にある

筋肉と関節の専門治療院

ゆかり整体整骨院

〒5900406 大阪府泉南郡泉南郡熊取町大久保東大久保東2丁目8−16

072-453-1558

エキテンの口コミちょっとずつ増加中

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0724531558

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒590-0406
大阪府泉南郡熊取町大久保東2-8-16
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
JR熊取駅から徒歩15分

0724531558

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
骨折・脱臼(オステオトロン)
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
リンパマッサージ
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
WEB限定メニュー
院内設備
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

ゆかり整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒590-0406
    大阪府泉南郡熊取町大久保東2-8-16

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    JR熊取駅から徒歩15分

エキテン口コミランキング1位 あいの泉クリニック 株式会社HCC 全身ほぐし整処ゆるり
pagetop